事務所方針

 当事務所のサイトを訪問していただいた方のうち何か問題を抱えておられる方はすでにネットや関連本で情報を収集されて予備知識を持っておられる方もいらっしゃるはずです。
 それでは私に何ができるかというと、20年以上の経験で蓄積したナマの情報、行政サイドではなくお客様の立場に立った実践的なアドバイスができるということに尽きると考えます。
 「原則論はこれこれですが、こういう解決方法もあります。この方法だとこのようなメリットがあります」という多面的にかつより有効ななアドバイスを行うよう心掛けています。場合によっては耳の痛いアドバイスになるかもしれませんが、将来的にはお客様にとってプラスになると確信して業務を行っています。常にお客様の側に立って全力を挙げて問題解決のためのサービスを提供させて頂きます。


 

経営理念

○義務と責任を明確にして契約を誠実に履行し、お客様の信頼に応える。

○良心と強い責任感のもとに誠実に職務を遂行する。

○公共的使命と職責の重要性を自覚し理論と実務に精通するための知識の涵養に努める。

 

古賀労務管理事務所

所長  古賀大志 

 

古賀労務管理事務所に仕事を頼むと どんなメリットがありますか?

 従業員の入社、退社の手続き業務や就業規則作成などの一般的な社会保険労務士としての仕事はもちろんお引き受けいたしますが、当事務所の最大の特徴は、「経営者の方の身になって考える」という事です。  経営者の最大の任務は決断です。ただ、どんな経営者であっても迷う、悩むことはあると思います。そのようなときに他の役員に相談できることであれば良いのですが、そうもいかないことも多々あります。その重大な決断をする際に相談できる 「良きパートナー」であることを心がけております。  開業以来20年以上の間、経営者の方からの相談を日々聞かせて頂いていますので、より良い解決方法を必ずご提示できると考えております。

 

 

特徴的なサービスはなにかありますか?

 国から支給される助成金制度には様々な種類があります。従業員の採用というアクションひとつをとっても複数の助成金、奨励金があります。新規商品開発や異業種参入などを含めればゆうに100種類は超えます。厄介なのは、これら助成金等は新設、改正が多いので社会保険労務士というプロであっても全てを把握するのが困難なのが実情です。ましてや、お客様が助成金情報を継続的に把握するのは困難なことだと思われます。
 そこで当事務所では、助成金に関するメールマガジンを発行しています。顧問契約を頂いたお客様には無料で配信しますのでタイムリーに情報を得ることができます。ご希望の方は電話もしくはお問い合わせページにてご連絡ください。

労働基準法や労働契約法などよくわからないのですが?

 従業員とのさまざまなトラブルが増加しています。このようなトラブルを防止するためには、なんでもご相談ください。社会保険労務士として20年以上の経験がありますので、ノウハウは豊富にあります。 具体的な相談が無くても毎月、事務所ニュースをメール配信していますので予備知識を得ることができます。 労働基準監督署の呼び出し調査(定期調査)や社会保険事務所からの総合調査、労働局、ハローワーク等の行政機関によるあらゆる調査にも対応させて頂きます。 

採用に関してなにかツールはありますか?

 従業員を採用するにあたり、「だれでもいいから来てくれ」ということはありえないと思います。そのために面接をして職務への適格性や能力、協調性などを考課のうえ選考するのですが、面接だけでその方の適正を判断するのは至難の業であることは皆様ご承知のとおりです。試行雇用(トライアル雇用)奨励金制度を利用してリスクを軽減するのも良いのですが、根本的な解決にはなりません。 そこで当事務所では面接お助けツール(@面接記録表A面接評定票B人柄テストCパート採用面接表D経験能力評価基準票)を顧問契約いただいたお客様に無料で配布していますので是非ご利用下さい。 ご希望の方は電話もしくはお問い合わせページにてご連絡ください。